鎌倉の医師が震災被災地で医療支援

東日本大震災の被災地に大型連休の4日間、医療支援に入った鎌倉の医師が、現場医療の変化を明かしました。「医療も再建・復興に向かう過渡期を迎えている。求められている医療支援の形は確実に変わってきた」と話しています。