横浜国立大学附属鎌倉中学校の横の銀杏

IMG_9108

毎年きれいな銀杏が生徒を歓迎している「横浜国立大学附属鎌倉中学校」。実は筆者の出身学校だ。

この学校、実は日本で一番名前が長い。正確に書くと「横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校」。とっても長い名前である。

鶴ヶ丘八幡宮と荏柄天神の間にあるこの学校は、教育に対するチャレンジ精神が高く、教育実習生が年4回程度訪れる。私が中学校時代は合唱も有名でNHKコンクールでも高い評価を受けていた。

ちなみに地元の人は長い名前で覚えているわけではなく、「フチュウ」と呼ぶ。付属鎌倉の略称だ。