紅葉を山奥に隠した「瑞泉寺」

IMG_9171

瑞泉寺は、神奈川県鎌倉市二階堂にある臨済宗円覚寺派の寺院。山号は錦屏山。本尊は釈迦如来で、開基は二階堂道蘊である。鎌倉随一の花の寺、紅葉の名所としても知られている。

山奥に紅葉を隠したその寺院は、訪れた人に旬なやり方で歓迎をしてくれる。そもそも瑞泉寺に行くには鎌倉駅から段桂を通り、八幡宮に行き、頼朝の墓、荏柄天神、鎌倉宮、までいってようやく瑞泉寺になる。

それだけ、遠くにあるのだ。そんな瑞泉寺が今日までこうして、多くの人に愛されているのは、それだけ隠し持った紅葉や花がキレイだからだ。

瑞泉寺に眠っている紅葉と花のかくれんぼ。あなたは探せるだろうか。